October 27, 2019

雨の被害が残る地域を横目に見ながら

東京から車は古河へ向かった

古めかしい門を潜ると竹林に囲まれた築140年の建物が現れた

堂々としていて少しの強さと温かさの残る家屋、山川邸

外の森からいろいろな生き物の声が聞こえる

コジュケイ、雀、カエル、ヒヨドリ、オナガドリ、などなど

野外ステージでの自然とのコラボはよくあるけれど

屋内に居ながらの自然の声を聴きながらのライブは中々ない

にしてもとんでもない建物だった

確実にまっくろくろすけがいるね 笑

October 21, 2019

九州を終えて昨日西の旅の最終滋賀を終えた

今年滋賀は4度目 中川能舞台は2度目、五月以来

この会場は特殊で舞台の下に大きな甕があるという

舞台へ立った時の反響板ならぬ反響床とでもいうのかな

今であれば電気があり、その電気が信号になり音となる

考え方によっては本当の音をできるだけ本物に近くしたマネもの

でもそれでもしっかりとした心が音によって伝わるんだから不思議

前回も感じたのだけど音を鳴らして演奏を始めてから

徐々に舞台の空気に体温が混じって

昔踊っていた人たちの音や声が聴こえてきそうになった

自分の脳がそれを作り出しているのかもしれないけれど

それはそ...

October 15, 2019

見たこともない大きな台風が向かってきていた時ちょうど

鹿児島でライブの予定だった。

何度も外れて欲しいと願っていたらど真ん中の関東を通過して行った。

殆ど影響のない鹿児島にいても関東にいる家族のことが気になって

生きた心地がしなかった。

幸いうちには何の被害も無かったけど友人のイベントも中止

そして多くの冠水、被害が出てしまった。

鹿児島のライブがちょうど12日の夜、まさしく大きな台風が牙を向いて

関東を縦断していたところだ。

ライブ中何度も何度もみんなの無事を祈っていたら、会場のみんなにも届いたのか

一緒に祈っている感覚に陥った。

音楽は音は不思議だ。...

October 7, 2019

今年2度目、計3回のLive

運よく台風も去った後およそ半年ぶりの台北ライブだった

会場は台北LeTAO

時間的に少しバタバタした感じはあったけれど

今回はLeTAOの社長の河越さんも来てくれて様々な場面で活躍されている

方々を連れてきてくれた

そして何よりも今回は現地のミュージシャンBoBoと共演できた

BoBoは前回西門でライブをした時に出会い今回一緒にGigする事になった

本番の演奏も無事終了 その後地元ミュージシャンが集まるKusoMusicへ 

都心からタクシーで30分

景美渓という台湾の街並みが綺麗に見える大きな川の近くにあるStudio

数...

September 23, 2019

Tour2019も北海道と東北が終わり、あとは台湾と九州になった

旅をするといつも思うけど、自分の中の何かが明らかに変わってゆく

必ず厄介なことが起きて、それを乗り越える?受け入れる?

とにかくその時が過ぎると自分が大きく変わるのがわかる

今年のツアーも大きなものに気がつけたと思う

またこの旅が終わってまた新たな旅に出る

ずっと終わりがないんだろうなぁ

写真は福島のマジー・ノアール

September 16, 2019

常に己と戦っていられる心地よさ

本当は負けても勝ってもどっちでもいい

続けること

これ以上でも以下でもない

今の環境を支えてくれている全ての人に感謝したい

本当にありがとう

September 15, 2019

北海道はもう半袖では寒くなってきた

冬の足音が聞こえてきている

由仁町で友人のお宅にお邪魔させていただいた

森の中にひっそりと佇んでいるお家

丁度いいサイズの平家にはたくさんの犬と猫が住んでいて

みんなが仲良し

お庭にはクルミの木やブラックベリーや山葡萄の木が鬱蒼としていて

お庭なのにみんなが自然に育っているかのように

バランスが取れている

ご主人が言うにはこの家には2匹の青大将も住んでいて

たまに壁の中を這う音がするらしい(ごそごそって)

犬や猫や蛇だけではなく、リスや熊も登場するらしいから驚き

ご主人から立派な青大将の抜け殻をいただいた

写真は頭蓋骨の縫...

September 12, 2019

2003年10月31日に東京を出てまず新潟へ向かった

そして大きなフェリーに乗って初の北海道へ

朝4:30の着岸はとっても魅力的で物流のトラックやら

観光客やらで小樽港が少しだけ騒がしい

そして朝焼けも格別

しかしこの新潟〜小樽のフェリーは死んでも忘れない

とにかく揺れて揺れて人生でこんなにも船酔いは辛いのかと思った

船酔いをナメていたから薬など持っておらず

個室なんか取らず、雑魚寝状態

でも苦しんでる俺に女子大生が薬をくれた

暗くて顔はよくわからなかったけど確か北海道大学と言っていた

薬が効いてきて頃にはもう小樽に着いていて

その子を探したけどもうどこに...

September 10, 2019

いつもは土庄港に着岸して胡麻油の匂いをいっぱいにかぐのだけど

今回は初めて池田港に着岸した

土庄よりは少し小さめだけどその分風情がある

近くのそうめんのお店で食べ会場のUCHINKUさんに付き

もとは素麺工場だった場所を改築してCafeにしたらしい

台風も過ぎ去った空は突き抜けるような青空で

その色を写した海も素敵な色だ

お店は小豆島の爽やかな風を感じられるお店で

島の食材をふんだんに使ったパスタもうまい

帰りは草壁港から帰り 小豆島のライブを終えた

船から見る月がとても綺麗でまた大切な何かに気付けた島ライブだった

(写真は草壁港)

September 6, 2019

生まれて初めての高松のでストリートライブは瓦町の駅の2階だった

そこである男性が声をかけてくれて今でもライブに遊びにきてくれる

あれから16年、早いね。 やっぱり街も少しずつ変わったなぁ。

でも俺は子供の頃に近くに駅がなかったからこんな風景に

憧れるんだよね。寝る頃になっても踏切の音が聞こえるとドキドキする。

Please reload