August 24, 2019

秩父に来たのは何年振りかなぁ

学生の頃バンド仲間でクリスマスの日夜景を見に秩父へ

そこで楽器を持ち出してライブを始めた

観客は全く知らない人たち。。。それに夜景目当ての人たち

今考えれば全く素っ頓狂な行動だった

あれはあれでとても面白かった

あれは18歳の時だったな、だからもうかれこれ二十年以上前か

二十年経ってしっかりとしたライブで秩父に来れたのは嬉しい

会場は喫茶タカノさん

前日までは地元の音楽仲間のライブだったらしい

ログハウス的な雰囲気と秩父の歴史がわかる本が揃えてある

窓から見える武甲山の頂には雲がかかっている

埼玉といえどもかなり自然の奥深く

ゆ...

August 21, 2019

僕も関わっている映画が動き出しました。

まずは序章として『リスタート:ランウェイ〜エピソード・ゼロ』

主演は仮面女子で有名な猪狩ともかさん

彼女の演技も含めてみんなに見て欲しい映画

以下は監督の帆根川廣さんから抜粋です。

僕が代表を務める「バリアフリー・フィルム・パートナーズ」が製作中の映画『ランウェイ』の序章として、映画『リスタート:ランウェイ〜エピソード・ゼロ』がこのたび完成の運びとなりました。

主演は、昨年4月に強風で倒れた看板の下敷きになり脊髄損傷のため車椅子生活となりながらわずか4ヶ月でアイドルとして復帰、ますます輝きつづけている「仮...

August 15, 2019

酒蔵でライブをするのは2回目かな

昔埼玉の酒蔵でライブをしたことがあったけど、中はひんやりしていて

結構暗くてビールケースの上に立ってのステージだったと思う(笑)

今回は静岡の萩錦酒造さん

静岡の大きな蔵元さんだけど今家族経営で営業している

昔は何十人の人たちが出入りし酒を造っていたらしいが

今は極力少なくでも中身は濃くの酒を造っている

お酒も野菜も音楽も造り手の気持ちが絶対に入る

いくら斬新で美味しくてもそこに人の体温が入っていなければ

必ず飽きてくる

萩錦さんは人の温もりも入りつつ新しい感覚の作品がこれから生まれる気がする

ライブは外だけど屋根があっ...

August 7, 2019

窓際に写るハイビスカスの揺れる影

笑い声と桃色の風を送風する声

蜃気楼はふざけたように森の影からのぼっていた

南の島の風とプルメリアの香り

そして光

August 2, 2019

今年はセミの鳴き声はだいぶ少なくなったように思う

家の近くには毎年数多くの蝉の抜け殻があったけど

今年は少ないなぁなんて思っていたら

あれよあれよと無数の蝉の幼虫が孵化して旅たっていった

クワガタなんかも少なくなっていって

ミヤマクワガタなぞはだいぶ見る機会が少なくなったらしい

ミヤマとは深山と書くから涼しい山にしかいないんだよね

最近では山も暑くなってきたから虫にとっても厳しいんだろ

しかしこの蝉の抜け殻や蝉の翅を見ると一瞬にして少年時代へ帰れる

July 23, 2019

Tour2019は東京を出発し、那須2daysを終え西に向かった

まずは高松

7/19

高松はシエルという工務店さんが営業しているスペース

木を基調としたオシャレな建物

高松のパンダコーヒーさんもきてくれたし高松のファンの方にも

喜んでいただけたライブになったと思う

7/20

神戸に泊まっていたから神戸でランチを済まし(ベトナム料理がかなり美味しかった)

滋賀へ

滋賀は土山のなちゅらるケールCafeさんへ

音楽ユニットケールさんの営業するお店で山と川に囲まれた大自然の中にある

ケールさんのオープニング

ヒグラシの声とケールさんの音楽が混じって空へ昇っていった

...

July 15, 2019

Tour 2109 〜カタルナラウタエ〜 スタート

7/6は東中野ポレポレ座

スタートを祝ってくれる人達が集ってくれた

中には小学生の時の同級生も

実はその子と小学生1年生の時に持久走でライバルだった

とにかく早くて、その子がすぐ後ろに走っていて

その息遣いまで聞こえてきた

絶対に負けたくなくて俺はなんとか1位になった

でも2年になって俺はその子に負けた

その記憶が強くてその話をしたら彼もそれを強く記憶に残っていたようだった

あれから20年以上過ぎて俺のLiveに来てくれた

感慨深いね

さて2019年のTourはどうするかというと

今回はsoloに重点を当て...

July 5, 2019

今にも雨が落ちてきそうな雲

この季節の夕暮れに散歩に出かける

家の近くでもまだ未ていない場所があり

そんな場所に会うと新しい音楽に出会った気持ちになる

先日 山桃がたくさんなっているのを見た

大半が落ちていてその中をたくさんの蟻が働いていた

こんな都会の中でも大きな木の下で小さな虫は暮らしてる

帰路につくと雨が突然降り出した

あの蟻たちはどこへ逃げるのか

巣の中に雨水は入らないのか

心配になったけど そんな修羅場は何度も経験してるだろうと

苦笑した

June 20, 2019

久しぶりのニューヨーク

だいぶ変わっていた。。。

遠い国から思いを馳せた

雲突き抜けて立つビル

ギラついた目のホームレス

多人種のパワーは常識を覆し

セントラルパークの魂は揺れて

俺もお前も生きていると

幽霊は歌う

あの約束を抱いて 

ネオンと喧騒の間を行く

あなたと歩きたかったニューヨーク

鳴り止まないサイレン

地下を蠢くアルファベットの蛇

イーストリバーに浮かぶ月

沼に沈んだブルーズ

ガラスのベッドでダイヤに変わり

白いマスクの下で笑う

変わって行く事にとらわれず

この道を歩いて行ったら

いつかはそこに行けるのか

あなたと歩きたかったニューヨーク

あなたと

June 11, 2019

珈琲を淹れる

焙煎から3日経った

イルガチェフェ

89度

苦味の中

漂う酸味

果実の香り

霞む

ヴァンナチュール

心の澱が沈殿し

ため息が漏れる

優しく丁寧に生きれば

ネガテイブな要素は消える

朝の珈琲から教わった

Please reload