詩にも日記にも

週末は渋谷spiralへ


以前詩の教室へ行った時にメルマガを希望して


何気なくメールをチェックしたら詩に関する


イベントのお誘いがあったので参加した


コロナという事もあり、広いスペースに


やりとりは糸電話というなんともアナログなやり方


数名の詩人が登場し朗読をした


テーマはこのコロナの時期について。。。


自分の胸の中の奥底に棲むドロドロしたものを出す人や


日記にもならない(誤字もそのまま)衝動をそのまま文字にした人


さまざまだった


だけどこの日記にもならない衝動そのままを文字にした方の


朗読はインパクトがあって(少し長いのだけど)


大人になって間違っては恥ずかしい、という世界から抜けて


本当の意味で間違ってもいいからリアルに生の自分を表現する


という世界に少しだけひたれた時間だった


もう少し突っ込んで話すと


人が認識できるレベルの言葉と


言葉として出来上がる前の


赤ちゃんのような言葉が混じり合って


上へ登ってゆく


まさにspiralのような時間がとても心地よかった


きっと歌にも例えることができると思う


いつかはこの領域を表現してみたい








51回の閲覧