人の営み


すごい人に会った

福岡にある「立花高校」の齋藤校長先生

徳之島の健次にぃという兄貴みたいな存在の男からの紹介だった。

今回の福岡2daysも校長が在たから成り立った。

1日目は立花高校、そして2日目は春日のクローバーホール

春日では雪にも関わらずたくさんの人にきていただいた。

立花高校はあのビーバップハイスクールのモデルにもなった高校

わかる人にはわかる、立花高校の菊リン。

俺はヒロシが好きだったけど。。。

しかしこの校長。最高。

生徒たちを愛している。

この立花高校、不登校の自立を目指している高校で

皆何かしらの理由を抱えてこの学校に来ている

普通ならば社会からはみ出してしまう個性に目を向け

真摯に向き合っている

「急がなくてもいい 一緒に歩んでいこう!この精神でやっています」

と校長は言う。

俺が事故をしないで立花高校が近くにあったら

間違いなくこの学校にお世話になっていただろうと思う

10代の自分がこの学校にいるように思えた。

きっと自分みたいな生徒がここの先生に助けられていると思ったら

泣けて来た。

まだまだ捨てたもんじゃないね、日本の学校は。

こんな盟友みたいな人が福岡にいるなんて

それだけで心が温かくなる。

立花高校の6階に夜景が見える部屋を生徒が作った。

そこの夜景を見ながら校長は言う

「人の営みが見えていつも感動するんです」

どんな優秀な人だって他人がいなければ自分は存在しない

いわゆる普通の形と違ったら、その違う形にあった場所も必要でしょ。

そんな場所がこの学校にはあった

*Photo 書道部の生徒が書いた書


227回の閲覧