古河Live


2018 3/11

前回の古河ライブは2017 3/11

やはり日本人なら忘れることのできない数字

毎年この時期は古河のメンバーがステージを用意してくれる

なんて温かい人たちなんだろう

一曲目から新曲『言葉はタネ』

アカペラから始まって、途中高揚し、最後はまた静かに終わる

映画の1シーンのような歌を作りたかった

歌詞の意味とかメッセージとかではなく

ただ純粋に言葉の持つ力みたいなものを

形にしたかった

悲しみとか切なさとか痛みは、それそのもの自体には

具体的な意味はないと思う

音楽も一緒なんだとようやく最近つかめるようになった

真剣に聴いてくれるお客さんがいて

真剣に歌える身体がある

この命と身体、細胞の一個一個まで

使い果たそう


0回の閲覧