天然リバーブとボンゴ


埼玉の花久の里でのライブ

ゲストは久しぶりの塩のやもとひろさん

彼はドラムを叩かないパーカッショニスト

まぁ元々パーカッションはドラムとは別物ですから当たり前なんだけど

最近ではアコースティック編成でドラム代わりにパーカッションを入れるようになった

それはそれで僕も好きだけどね

パーカッションはパーカッションの特性を活かした音が好き

塩ちゃんはその音をよ〜わかっとる。

花久の里は天井が高いからかなり響く

音響さんは大変だけどね、これはこれで良かった。

朝から降っていた雨がやんで、ちょうどいい湿度が空気を満たし

花も喜び、音もその湿度に乗ってあたたかい音になった。


0回の閲覧