葛飾北斎


葛飾北斎 没後170年<UPDATE>へ

縁があって葛飾北斎展に行ってきた。

いやはや凄まじい。正直ここまで絵の持つ力が大きいとは。

それもそのはず葛飾北斎は何度も名前を変え

成功した自分でさえも切り落とし、新たな自分を作成し

まさにUPDATEし続けた。

それも90年死没するまでずっと。

時を超えても全く色あせることなく芸術としての絵画があった。

中でも異様なオーラを出していたのは

西新井大師から出てきた鬼と対峙する空海の絵。

もちろん鬼は想像で描いたものだけど、その創造物に魂を吹き込むことに

成功した。

葛飾北斎恐るべし。


79回の閲覧