面打ち

心がパサパサに乾いてきたときはよく美術に触れる

正月で腹も心も弛ませた

たまにはそんな時間もいいもんだね

実はこの年齢になって気がついたけど

美術館や博物館の常設展が面白い

有名な人の作品展は珍しいものが多いけど何しろ人が多い

常設展は余程のことがない限りゆっくり作品を味わえる

もちろん美術館そのものが面白くないと意味がないのだけど

今回は国立博物館

展示物が多いから毎回訪れる度に楽しめる

今回は能面だった

その部屋に入ると不気味なくらい

様々な顔に見られているのではないか?と錯覚するくらい

お面にリアリティと力がある

本物は繊細さと躍動感と魂の匂いがする

この張り詰めた緊張感がたまらない




37回の閲覧