top of page

身体


優れた書物に多いのはきっとこれは頭ではなく肉体で書いてる


そう思うことがある


思考を凝らして優れた作品が出来上がる時があるけど


これもきっと考え抜いてパッと力が抜けた時に


奇跡のような一瞬で優れたものが降りてくるんだと思う


きっと考えていたら間に合わないんだろうな


頭は余分なものをつくりすぎる


できるだけ余分なものを削ぎ落とし、必要なものだけで作品をつくりたい


動物が狩りをするときみたいに


狙いを定めて、狩れるか狩れないか


まあそんな張り詰めた空気もいいけど


動物の安らいでいて、でもどこか達観してる目が俺は好きだな


写真:那須 高福寺 ルナちゃん






閲覧数:217回1件のコメント

最新記事

すべて表示

ゼロ

西へ

1 Comment


Commenting has been turned off.

>優れた書物に多いのはきっとこれは頭ではなく肉体で書いてる

平凡な日常で暮らしている私、少しでも緊張感を持った生活をしたいですね。

出来るかと言えば・・・、難しい。

でも、スポーツ(部活)をやっている頃は、そんな緊張感を感じていたかな。


Like
bottom of page