Marrakech

June 6, 2018

2018  5  25

夜中に雨が降ったみたいで路面はかすかに濡れていた。

雲ひとつない空は北アフリカの大地を強く照らしている

幸い埃も流されて、これで排気ガスがなければもっと快適なんだけど。

今日はメナラモールへ 海外のセレブが集まるエリアで一休み

そのあと地元の人が出す市場を通りガタガタな道を進み

再びジャマエルフナ広場に  ここはいつきても陽気だ夜まで待った。

たまたま入ったリヤドが気持ちよくて、

隣に座ったカリフォルニアから来た女性と話した。

なにやら娘さんが病気でマラケシュに入院しているらしい。

なんでこんなに長い入院なのか私にもわからないって言っていた。

その悲しみは計り知れないが、タジンを食べたあと一人で部屋と戻っていった。

その後ベリーダンスを見に

ウードや歌は良かったけど観光地のレストランはどこも一緒だ。

結局特別個性的でもないショーを途中で失礼しホテルへ向かった。

また日が沈みムスリム教徒が静かに食事を始めている。

町の最大なモスク クトゥビーヤモスクがなにやら騒がしい。

大きな声でコーランを語り何千という教徒がお祈りをしている時間にあたった。

晴れた夜空に月が浮かび、威厳のあるモスクが佇む。これこそ礼拝!!と叫びたくなった。

終わったら歩行者天国も解除され一斉に人が動き出す。

日本でいうところの花火が終わった後の光景に似ている。

この光景は一生忘れないだろう

その夜夢を見た。今では連絡が取れない恩師の夢を。

声をかけたけど気疲れずに

 

素通りされてしまった。不思議な夢だった。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload