#4

June 1, 2019

 

 

この風はどこから吹くのだろう

いつだろうか    昔

地球の反対側の蝶が羽を一振りするだけで

地球の表は強風が吹くと聞いた

 

夜の海を越えて   柔らかな朝に舞い降りる

種と匂いと温度そして砂と雲を運ぶ

 

風が私を触る 皮膚を撫でる

優しく そして強く  私に触れる

 

風の中にほのかな季節の匂いをとらえた時   

風の中にかすかな言葉をよめた時

風は私が地球の一部であるという事を

教えてくれる

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload