#23


珈琲を淹れる

焙煎から3日経った

イルガチェフェ

89度

苦味の中

漂う酸味

果実の香り

霞む

ヴァンナチュール

心の澱が沈殿し

ため息が漏れる

優しく丁寧に生きれば

ネガテイブな要素は消える

朝の珈琲から教わった


0回の閲覧